KSボンド2018/12/03 更新

概要

浸透性KSプライマーを塗布後、高耐久型エポキシ系接着剤KSボンドを塗布する付着工法。基礎コンクリートにマイクロクラックや脆弱部分を内在している場合でも安定した付着性能を確保。

特徴

・超速硬コンクリートの交通開放時間(材齢3時間)に合わせた接着剤の施工(被着体温度10℃以上)が可能
・エポキシ樹脂特有の強靭な接着性能により、被着体と一体化
・各機関における実物大の水浸論荷重走行試験によって、付着強度の低下がないことを確認
・3日間の98℃熱水浸漬試験(JIS K 6857 処理条件E:97~100℃)を行った後でも接着強度が低下しないことを確認
・電気泳動によるコンクリート中の塩化物イオンの実効拡散係数試験方法(案)(JSCE-G571-2003)によって優れた遮塩性能を有していることを確認
・凍結融解試験(JIS A 1148 18~5℃、300サイクル)によって良好な凍結融解抵抗性を有していることを確認
・幅広い温度範囲(5~60℃)での施工に対応するため、粘度調整した夏用、冬用、春秋用の3タイプを用意
・鉄筋防錆剤の品質確認試験法(JIS41-2004)によって防錆性能を有していることを確認

続きを見る

品質規格

NETIS登録番号:KT-160058-A
会社名
鹿島道路(株) 
TEL
03-5802-8001 
URL
http://www.kajimaroad.co.jp/