コンクリート改質剤CS-212018/12/17 更新

  • 屋上駐車場防水
  • トンネル覆工コンクリート表面保護

概要

CS-21は、けい酸ナトリウムを主成分とする無機質で無色透明な水溶液。
硬化したコンクリートの表面から刷毛等により塗布することで、目視では発見し難いひび割れを含む表層部の微細空隙に浸透し、乾燥固化物(未反応成分)および水酸化カルシウムとの反応物(CSH系結晶)により微細空隙を充填する。
また、雨掛かり等の水分供給により、未反応成分の反応は継続し、施工後新たに発生する微細空隙を充填する。
これらの反応により、長期にわたりかぶりコンクリートが健全に保たれ、水や各種劣化因子の侵入を抑制して、水密性・耐久性が向上する。(新築駐車場の屋上防水に適用した複数実績の追跡調査により、15年以上の反応継続性を確認済み)
コンクリート躯体そのものを防水体とする躯体防水の場合には、打継ぎ部・木コン部・開口部(貫通部位材)処理とあわせて全面に塗布を行うことで、防水10年保証を行っている(着工前に事前協議が必要)。

続きを見る

特徴

空隙の充填率を高めるため、高濃度の材料を希釈せず原液のまま使用することにより、コンクリート構造物(駐車場・屋上・地下・水槽等)の躯体防水が可能。

品質規格

・NETIS登録番号:CB-020055-VR(旧登録)
・JSCE-K571-2005
・JSCE-K572-2012
・JASS 8 T-301
・JWWA Z108

カタログ

会社名
(株)アストン 
TEL
086-255-1511 
URL
https://www.cs21.jp/