ロードプラス2021/06/17 更新

  • 施工前
  • 施工後

概要

既設道路の路肩に設置することで、最大1.75mの道路拡幅が短期間に行える張出式車道拡幅工法である。擁壁の再構築という大規模な工事を行わなくても、張出車道ブロックを設置して比較的容易で経済的に道路拡幅することが可能。安全・安心の走行を実現し、1.5車的道路整備に貢献している。

続きを見る

特徴

1.交通事情に応じた車道構造
道路拡幅する交通事情に応じて大型車両仕様または中型車両仕様のブロックを使い分けることができる。
2.大幅なコスト低減
既存擁壁の天端の一部を除去してブロックを設置するため、擁壁の再構築が不要となり、大幅なコスト低減が図れる。
3.早期交通開放
プレキャスト製品を使用することで、仮設工事が少なくなり、工事期間の短縮を図る事が可能。
4.車両用防護柵に対応
車両用防護柵(B種・C種)に対応しており、支柱取付用のPタイプの設置スパンにより車両用と歩道用のどちらの防護柵にも対応できる。
車両用防護柵を設ける場合は、最低5本を1組として施工が必要である。(組み合わせは、P-F-P-F-Pとする)
5.山側地山の掘削が不要
谷側へ張り出す道路拡幅となるため、山側地山の掘削が不要あるいは低減でき、土工量の減少による環境負荷の低減もできる。

続きを見る

品質規格

NETIS登録番号:SK-100002-VE(旧登録)
会社名
ロードプラス研究会 
TEL
0867-52-1141 
URL
https://www.landes.co.jp